梅津 千恵子 Umezu Chieko〈Marimba,Percussion Solo〉

 おなじみ名曲演奏のほか、ティンパニ、ヴィブラフォンなど新作を作曲家に委嘱、演奏してきました。

 マリンバ、ヴィブラフォン、パーカッション、ティンパニ・・・と、多彩な打楽器音楽の魅力満載ステージをお届けします。

 

 

 

~ ティンパニソロ演奏《南無ーティンパニ・ソロと声と打楽器のための》~

 メロディックでリズミックなティンパニソロ曲。

    「序」「本調子」「二上がり」「三下がり」「呼び声」全20分

 

 高橋竹山の津軽三味線を着想の元として作曲家藤家溪子さんに作曲を依頼。その後大きく発展して、ティンパニ4台と和太鼓、倍音唱法、唄、最終楽章では青森ねぶたの掛け声「ラッセラー」の児童合唱隊と和楽器が加わる編成となりました。

 津波・原発事故で突然襲った東北を中心とした日本の大受難への”鎮魂の祈り”です。

~ マリンバ演奏 ~

 バッハのチェロ組曲~その温かみのある音色のマリンバがよく似合います。

 チャルダッシュなど速いパッセージの名曲の数々を ピアノ伴奏とともに。

~ 和太鼓即興演奏 ~

 海外での演奏活動中に出会うの多くの要望のもと、披露演奏の場を重ね、自らの大和魂に誘われるまま牛皮と対話し、聴衆にたいへん好まれた、和太鼓を並べての即興演奏。日本不在中、他界されていく知人への想い、東日本大震災の催事への追悼、など遠い地ゆえ、駆けつけて寄り添えない想いを「祈り」に換えて、ヨーロッパの地で表現し続けました。